×

doodle-on-web

自分で調べたことや、仕事の中で質問されたことなどをまとめています。

FreeTDSのTSQLについて

スポンサーリンク

tsql:FreeTDS接続とクエリをテストするためのユーティリティ

Linuxでtsqlのmanページを参照するコマンド: $ man 1 tsql

意味

tsql - FreeTDS接続とクエリをテストするためのユーティリティです。

説明

FreeTDSの設定が正しいかを診断するユーティリティツールです。

TDSプロトコルを使用してSybaseまたはMicrosoft SQL Serverに接続し、ユーザーがクエリを発行できるようにします。

実行方法

以下の二通りあります。

1.freetds.conf を使用する方法

TSQL -S servername -U username -P password

2.サーバー名とホスト名、ポート番号を使用して直接接続する方法

TSQL -H hostname -p port -U username -P password

オプション

  • -S サーバー名

    接続先のデータベースサーバー。

  • -D dbname

    使用するデータベース。

  • -I インターフェース

    freetds.confまたはservernameを記述するinterfacesファイル。

  • -H ホスト名

    サーバーのDNSホスト名。

  • -p ポート

    SQL Serverがリッスンしているポート。

  • -U ユーザー名

    データベースのログイン名 ユーザ名が指定されていない場合は、TDS 7+接続に対してドメインログインが試行されます。

  • -P パスワード

    データベースパスワード。

  • -L

    Microsoftサーバーのインスタンスを一覧表示します( -H付き)。

  • -C

    コンパイル時の設定パラメータをいくつか表示します。

  • -o オプション

    指定したオプションをすべてのコマンドに適用します。

    -fフッターなし結果を表示。-hヘッダタイトルなし表示。-t印刷時間表示。-v印刷バージョン表示。-q表示なし。

  • -a アプリ名

    アプリケーション名。

  • -t colterm

    カラムターミネータ

  • -r rowterm

    行ターミネータ

  • -r rowterm

    行ターミネータ

  • -J 文字セット

    キャラクターセット。

  • -v

    冗長モード。