doodle-on-web

自分で調べたことや、仕事の中で質問されたことなどをまとめています。

Excelによる日付のVLOOKUP

スポンサーリンク

f:id:doodle-on-web:20190909162326p:plain

関数例

= VLOOKUP( date 、 table 、 col 、FALSE )

説明

テーブルから特定の日付の値を取得するには、VLOOKUP関数を使用できます。

示されている例では、F6の式は次のとおりです。

= VLOOKUP( E6 、 B6:C11 、2 、0 )

この式の仕組み

これは標準のVLOOKUP式です。取得する値の左側にルックアップ値(この場合は日付)を含むテーブルが必要です。

ルックアップ値はセルE6から取得されます。これは有効な日付でなければなりません。表の配列はB6:C11の範囲で、列のインデックスは2です。これは、金額が表の2番目の列にあるためです。最後に、正確な一致を強制するために、最後の引数にゼロが提供されます。

VLOOKUP関数は、9月4日の日付値を特定し、2番目の列の同じ行である12,500の値を返します。

注:テーブル内のルックアップ値と日付値は、有効なExcel日付でなければなりません。