doodle-on-web

自分で調べたことや、仕事の中で質問されたことなどをまとめています。

Excelで日付の範囲カウント、指定日付間に存在するデータを数える

スポンサーリンク

日付の範囲カウント

f:id:doodle-on-web:20190903142137p:plain

Excelで指定日付間に存在するデータを数えたいです。

関数例

= COUNTIFS( range 、"> =" & date1 、 range 、"<=" & date2 )

説明

2つの日付の間の日付を含むセルの数をカウントするには、COUNTIFS関数を使用できます。示されている例では、F5には次の式が含まれています。

= COUNTIFS(誕生日、">=" &DATE( N4 、1 、1 )、誕生日、"<=" &DATE( N4 、12 、31 ))

この式は、E3:E12の範囲にある2000年の誕生日をカウントします。

注:この式は、名前付き範囲「誕生日」、G3:G12を使用します。

この式の仕組み

COUNTIFS関数は、複数の条件を満たすセルをカウントするために構築されています。この場合、2つの基準を提供する必要があります。1つは早い日付の基準で、もう1つは遅い日付の基準です。

各日付を作成するには、DATE関数を使用します。

DATE( N4、1 、1 ) //年の初日構築
DATEを( N4、12 、31 ) //年の最後の日を構築

DATE関数を使用すると、ハードコーディングされているか、セル参照として提供されている年、月、日の引数に基づいて日付を簡単に作成できます。この例では、月と日はハードコーディングされており、列Eから年を取得します。

注:演算子「> =」と「<=」はテキストとして入力し、二重引用符で囲む必要があります。つまり、連結(&)を使用して各演算子を各日付に結合する必要があります。